会社概要Company

トップメッセージ

地域の皆様にとって身近な薬剤師に

これまでの薬剤師はカウンターの中で患者様を「待つ」のが普通でしたが、これからの時代に必要とされるのは「行く」こと。私たち西岡メディカル薬局は、地域へのさらなる貢献として、在宅医療への取り組みを進めています。
まずは、他の医療機関と連携を取りながら、患者様が安心できるチーム医療の体制づくりを実践。医者の処方の意図を理解したり、他の医療従事者に外用剤の服薬実技指導を行ったり。それぞれの立ち場の意見を尊重しながら協働に努め、患者様が求めるサービスに繋げているのです。
また、薬剤師と患者様の間には、〝カウンターの中と外との関係〟では十分に切り出せなかった、「聞きたいこと」や「伝えたいこと」があるはずです。高齢者施設や地域コミュニティでお薬相談会や講演会を行うなどして交流の場を増やし、互いの距離を縮め、薬剤師の職能を発揮していくことで地域密着を目指すと共に、患者様の安心感と満足度の向上を目指していきたいと考えています。

代表取締役 庄田 勝哉

社員一人一人が誇り

社員にはたくさんの選択肢がある中で『西岡メディカル薬局』を選んでもらえたことに感謝しています。
その感謝の気持ちを還元しようという思いで始めたのが今の福利厚生です。
「職員さんがいるから、会社が成り立っている」という私の父であり先代の社長の教えでした。
その流れをより強く引き継ぎながら、常に従業員が楽しく仕事ができる環境を作るのも私の役割だと思っています。
仕事には効率化を図り、利益を考えるということも大事かもしれませんが、医療従事者として一番大切なのは「患者さんの気持ちになって考える心」だと思います。
また当たり前なのかもしれませんが「スタッフ全員が患者さんの方を向いている」ということが最大の強みだと思います。

『地域』に根付いた街の薬局

セミナーや病院のお祭りなどにも積極的に参加させて頂いております。
お祭りには薬剤師の仕事を知ってもらうために、模擬薬局の体験を実施しております。
セミナーなどを通し、薬の知識などを地域の皆様に還元するということで「この会社に働けてよかった」という従業員への良い影響や満足度にも繋がっているはずです。
『仕事やりがい』を考えたときに、人から褒められて感謝されると嬉しいんじゃないかと思ったんです。
褒められるためにだけに仕事をするのではなく、それと同時に感謝されると相乗効果でモチベーションが上がる。
薬剤師という仕事はその両方が同時に出来る仕事です。
感謝されたという気持ちから、喜んで貰いたいという気持ちが社会貢献に繋がるとも思っています。
このような活動を通して従業員のモチベーションも上がり、来てもらっている人の笑顔を見られることに幸せを感じています。
そのために、薬剤師としての知識・スキルを外に出すために地域の方向けのセミナーや相談会を実施しています。
まず出来ることからコツコツと実践しています。


薬局の可能性を広げる

薬局や薬剤師の可能性をもっと広げていきたいんです。
世間一般で思われている薬剤師の仕事は”処方箋が来て薬を渡す”というイメージですが、今後は薬剤師の可能性を広げてどこまで出来るかを挑戦していきたいです。
薬局に置く『モノ』を増やすということだけではなく、『ヒト』に対して相手にどこまでのことができていけるのかということがこれからの薬局の可能性に繋がると思っています。
『健康サポート』という意味合いになってきますね。
何らかの不安を抱えて病院に行くわけで、その不安をどこまで埋めてあげられるかというところが、医療従事者の仕事ではないでしょうか。
実際、調剤薬局を選ぶ理由に特に意味が無いという人がほとんどで、「病院の横にあるから」という人が大多数という統計も出ていますが、来て頂いた方の不安を少しでも解消し、時には必要な人には必要となれる場所となってきたら良いなと考えています。
病院でも薬局でも携わらない部分、日常の部分で病気や怪我をしないように『健康をサポートする』ところに薬局の可能性があると思っています。
近年、サプリメントを服用している人が増えているのもその影響でしょう。
それだけ体に気を使っている人が増えているという事と、具合が悪くなくても年齢を重ねれば重ねるほど「健康です!」と胸を張って言える人はそう多くはないはずです。
また正しい知識の提供もサポートとしては重要だと考えます。
薬だけではなく運動や食生活など多方面からサポート出来ると、調剤薬局という垣根を超えていくことで可能性は広いと思います。

また地域に貢献できる人材の育成などをしていき、今の調剤薬局の姿から半歩はみ出した『西岡メディカル薬局』独自のスタイルを作ってみたいですね。


ロゴマーク・キャラクターについて

西岡メディカル薬局

ロゴマーク

スタッフ一人一人がお客様の心へ飛び込んでいく動的なイメージを円から、もう一つの円が分かれていく様子としてシンボル化。
またその形はお客様と従業員が向き合いコミュニケーションをとる様子も表し、会話を示すフキダシもイメージしてデザインしています。

にしお君とメルちゃん

にしお君とメルちゃん

ロゴから西岡メディカル薬局のキャラクターが誕生しました!男の子がにしおくん、女の子がメルちゃんです。よろしくお願いします。薬局の中のいろんなところにいるので探してみてね!

経営理念

企業理念Mission & Value

地域の相談パートナーとして、住民を笑顔で健康に!

経営姿勢Vision

積極的な情報発信で地域の健康を守る
人の気持ちが分かる、信頼できるパートナーに
薬局の可能性を最大化する新たな価値創造を

行動方針Culture

お客様の健康と満足が第一
自ら考え行動することが価値創造
何事にも顔を上げ、常に前を向いて取り組む

会社概要

社名 有限会社西岡メディカル薬局
本社 〒062-0034
北海道札幌市豊平区西岡4条4丁目1-1西岡メディカルビル1F
TEL011-853-3711・FAX011-853-9477
代表取締役 庄田勝哉
設立 1991年4月17日
資本金 300万円
売上高 14億2,000万円(2016年3月期〈2015年度〉)
事業内容 保険調剤薬局の経営及び、医薬品・衛生材料の販売
店舗 7店舗(北海道地区5店舗、東北地区2店舗)
従業員数 54名(薬剤師33名・事務21名)
平均年齢 36.7歳(男女比2:3)

沿革

1991年7月 札幌に1号店開局
2001年7月 秋田店開局
2004年4月 千歳店開局
2004年7月 秋田寺内店開局
2004年7月 野幌店開局
2009年9月 水源池通り店開局
2011年10月 みなみ店開局
2015年11月 現社長就任
待ち時間を短縮 スマートフォンで調剤予約!
病院から貰った処方せんを撮影し、メールで送信します。
調剤が完了したら、メールでお知らせするサービスです。
利用・登録無料